【投資入門】「日経225先物取引」とは?




「日経225先物取引」というものをご存知でしょうか?

僕も副業として行っていた投資の一つです。

今回はその「日経225先物取引」が何なのかについて説明したいと思います。

※「note」による自商品(販売ページはこちら)から抜粋。

【投資入門】「日経225先物取引」の概要

「日経225先物取引」とは、金融派生商品の一つです。

「日経平均株価」に含まれる225社の株価が今後、上がるか下がるかを予想するいたってシンプルな投資です。

では、その225社がどこに属する企業なのかについて紹介します。

日本には大きく分けて「ベンチャー企業」「IPO企業」「上場企業」の三つがあり、「上場企業」の中にもさらに、「マザーズ上場」「二部上場」「一部上場」があり、「日系225」は「一部上場」の中の上位225社の株価の平均値が上がるか下がるかを予想するものです。

ちなみに「日経225先物取引」を扱っている国は、日本、シカゴ、シンガポールの三ヶ国です。

【投資入門】「日経225」はどうなったら利益が出るの?

「日経225先物取引」は単純に、今後株価の平均が「上がるかな」「上昇するかな」と予想した場合は買って(これを「買い注文」といいます)、これから「下がるかな」「下落するかな」と予想したら売ります(これを「売り注文」)。

その売買の差が利益となる仕組みです。

分かりずらいと思うので、商売に置き換えて説明していきましょう。

たとえば、あなたがABC商店の店主だとします。

利益を出そうと考えたとき、できるだけ安くで商品を仕入れ、できるだけ高い値段で商品を売ろうと考えますよね?

「日経225」も同じで、安くで仕入れ(「日経225」上では「新規買い注文」といいます)、高くで売る(「日経225」上では「決済売り注文」といいます)ことで利益が発生するということになります。

逆に買った時の仕入れ値より、売った時の売値の方が高ければ、それだけ損になるので覚えておきましょう。

(たとえば、100円で仕入れたのに80円で売った場合は20円の損。)

また、「日経225先物取引」は、先に「売り」から入ることもできるのがいいところ。

たとえば、「下がりそうだな」と思った時に先に売って(「新規売り注文」といいます)おいて、下がったところで買い戻す(「決済買い注文」といいます)ということもできる、ということです。

例:120円で売り、100円で買い戻す = 20円の利益。

※買ってから売るまでの間のことを「買建玉を保有している」と言い、売ってから買い戻すまでの間を「売建玉を保有している」と言います。

【投資入門】「日経225」におけるレバレッジ

「レバレッジ」とは、自己資本における利益率が高まる倍率のことを指します。

簡単に言うと、「少ない金額で多額のお金を動かすことができる倍率」のことです。

「日経225」には「Large」と「Mini」の二つが存在します(違いは「レバレッジ」と後ほど説明する「証拠金」くらい)。

それぞれのレバレッジについて説明します(建玉の単位は「枚」)

Large/枚=利益・損失額 × 1,000

mini/枚 =利益・損失額 ×  100

この「1,000」とか「100」っていう倍率が「レバレッジ」ということです。

例:100円で買ったものを150円で売った=50円の利益(チャート上では)。

しかし実際は

Largeの場合  50 × 1,000 = 50,000円の利益

  Miniの場合  50 ×  100 = 5,000円の利益

となります。

【投資入門】「日経225先物取引」における証拠金

「日経225先物取引」は無料で取引を行えるわけではありません。

取引を行う際には、証拠金(いわゆる元金、担保金)が必要になります。

では、それぞれの証拠金について説明します。

・Large 720,000円/枚~

・Mini  72,000 円/枚~

※証拠金が二種類で異なるのはレバレッジの差があるため。

また、この証拠金は変動することもあるため、必ずしも上の値段ではないことを理解しておきましょう。

証拠金は上の通りではありますが、「今すぐ始めたいけど少し高いな...」という人は「一日先物」というものも存在するので二つ下の項目で説明します。

【投資入門】「日経225先物取引」の取引時間・期間について

「日経225先物取引」は取引できる時間、および期間が存在します。

時間について

取引できる時間は一日の中で二つのセッションに分けられます。

一つは「8:45(「寄り付き」という)~15:15(「引け」という)まで」の「日中」。

もう一つは「16:30(「夕寄り」という)~翌朝5:30(「夕引け」という)まで」の「夕場」。

※平日のみ。土日祝日は休みです。

期間について

直近の「3」の倍数の月の「第二金曜日」まで(この期限日のことをSQ日という)。

3、6、9、12月の第二金曜日まで。

例えば、今月は9月なので、今月の第二金曜日までが期限ということになります。(それ以降は12月の第二金曜日まで)

その期限が訪れたらどんなことになるのかについて説明します。

もし、期限までに売買を完了させきれず、「建玉」を保有していた場合、証券会社が強制決済を行います。

“例:
100円で新規買い注文をして、買建玉を保有しているとします。
今の「日経225平均株価」が80円だった場合。20円の損失が出ている状態にあることになります(決済するまでは損失は確定しない)。

このままの状態でSQ日を迎えたとしたら、強制決済され、20円の損が確定してしまいます(Largeなら×1,000で20,000円の損失。Miniなら×100で2,000円の損失)                         ”

この損失額等についてですが、預け入れた証拠金から引かれることになります。

※Miniの場合:証拠金72,000円が70,000円になってしまい、証拠金不足となるため、取引ができなくなります。Largeの場合もレバレッジが異なるので金額は異なりますが、同じ考え方です。

取引をまた新たに行いたい場合は不足分を入金すればOKです。

基本的に通常の「日経225先物取引」の場合は、この期間内ならいつでも売買取引が可能です。

例:9月25日の8:45に買った(売った)ものは、次のSQ日までに決済すれば良いというわけです。

しかし、この間も「日経225」の株価は変動しているため、証拠金もそれに応じて変動します(100円の買建玉を保有しているとして、株価が80円に下がれば証拠金も2,000円減り、逆に120円に上がれば証拠金も2,000円増えます)

※決済するまでは証拠金も変動し続ける。= 「値洗い」といいます。

なので、もし証拠金が減っていたとしても決済するまでは損失にならないのでご安心を。

利益が出た際に決済すれば大丈夫です。

【投資入門】「一日先物」について

通常の「日経225先物取引」は、建玉をSQ日までの間なら、好きな日、好きな時間に決済することが可能です。

それに対し、「一日先物」は新規で買った(売った)建玉はその日のその時間帯の中で決済しなければなりません

例:9月4日の9:00に「新規買い注文」した場合、その日(9月4日)の日中の引け(15:15)までに決済しないといけないというわけです。

短期的な取引のため、利益がすぐに出ますが、逆に損失もすぐに出るということになるのでご注意を。

その代わり、証拠金が通常の「日経225先物取引」の半分程度なため、資金にあまり余裕がない人でも始めやすいです(僕も最初はこちらです)。

「一日先物」の証拠金について

・Large 360,000円/枚~

・Mini   36,000円/枚~

※レバレッジ等は同じ。

 

まとめ:【投資入門】「日経225先物取引」とは?

以上が「日経225先物取引」についての基礎知識です。

具体的なチャートの分析方法はこちらから。

「ファンダメンタルズ分析」に関してはこちらのページ

このページ内の説明と、初心者でも簡単に利益が出せる「システムトレード」に関してまとめてある「【初心者向け】日経225先物マニュアル」も興味がありましたらチェックしてみてください。

価格は5,000円と少々割高ではありますが、今後あなたの人生を変える第一歩になれると思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です