ラップから学ぶ人生論。




どーも、タダです。

今回はラッパーから学ぶ人生論について語りたいと思います。

ラッパーって一見怖そうなヤンキーみたいに見えるかもですが、どの方もビジョンがあって芯もありしっかりしています。

 

各々スタイルを確立しており、強烈な個性を発揮して観客を盛り上げています。

そんなラッパーから学べることをまとめてみました。

①本音でものを言う

あなたはフリースタイルバトルを見たことがありますか?最近ではフリースタイルダンジョンという番組も放送されているので一度は見たことがあるのではないでしょうか。

そのフリースタイルバトルにおいて、ラッパーの人たちは思い思いの言葉を言い合います。

曲の中でもそうです。変におしゃれに言いつくろったりせず、自分の言葉で、自分の表現で歌っています。

その結果、自分のスタイルが確立されファンが増えていくのです。

これはラップとは縁のない人でも大事なことだと思います。あなたは会社に思ったことを本音でしっかり言えてますか?

誰かの目を気にしてぐっと堪えていることはありませんか?

今は便利な時代です。ツイッターでも、ブログでも、自分の思ったことを言ってみることでこれからの世界が変わるかもしれません。

②自分のスタイルを確立している

ラッパーにはそれぞれスタイルがあります。たとえば、この人

呂布カルマさん本人アカウントより引用(ツイッター)

この方は呂布カルマというラッパーです。呂布カルマさんはラップでよく聞くいわゆる「韻」を無視する、といった独特のスタイルを確立している方です。呂布さんの独特な雰囲気のラップは本当に惹きつけられます。長年スタイルを変えずにやってきているからこその魅力だと思いますね。それゆえファンも多く、フリースタイルダンジョンにおける試合では「新興宗教家」とまで言われておりました。

呂布さん自身は新興宗教といわれるのを嫌ってる風に思いましたが、これも彼のスタイルが確立しているが故のことなのです。

自分のスタイルを確立するということは、ラッパーでなくても重要です。

自分のスタイルが確立していれば、自分のことを応援してくれる人が増えることにも繋がるのです。

③自分の芯がしっかりある

僕はけっこうYoutubeなどを漁ってラップバトル等を見るのですが、皆さんすごい熱いんですよね。自分の夢を叶えるためにマイク一本で突き進んでいるのです。刑務所を経験した中卒のラッパーの方も今ではとても人気者になりましたし、それはやはり、夢があり、それに向かって必死で頑張れる度胸があったからこそだと思うんですよね。

現代社会に普通に生きてラップとは縁のない人も、しっかりと夢や目標を定めそれに向かって必死に努力をする姿勢というものはとても大事だと思います。

ゆっくりでもいいので自分の軸となるものを見つけ、夢や目標に向かって必死に頑張ってみましょう!

まとめ:ヒントはどこにでもある。

ラップはとても素晴らしいものです。ただの罵り合いだと思わず、少し見方を変えれば色々なことを勉強できます。

人生のヒントはどこにでも落ちているので、自分なりのヒントを見つけてみることが「自由に生きる」ことへの第一歩かも。

ラッパー「ZORN」の髪型、スタイル、顔。すべてがかっこよすぎる。

2017.09.14




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です