仮想通貨とは何なのか。




最近はやりのビットコイン。

このサイトでも「VALU」についてや、「仮想通貨取引所」についての説明をしていますが、「そもそも仮想通貨とは何なのか」についてはまだ説明がまだでしたので、今回説明していきたいと思います。

仮想通貨とは?

最近よく聞く「仮想通貨」は、法律(資金決済に関する法律 第二条)において次のように定義されています。

この法律において「仮想通貨」とは、次に掲げるものをいう。

一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

難しく書いていますが、簡単に言うと「電子データにおけるお金」であり、もっと砕いて言うと「実際に(一部で)使えるゲーム内のお金」みたいなものです。

仮想通貨と現金の違い

「データのお金か、現実にあるお金か」の違いはもちろんありますが、それ以外にも違いが存在します。

まず、現金は「国家の信頼」のもと「日本銀行」が発行したものです。

そして、日本国内においては「1円=1円」の価値が保障されています(物価の違いはありますが)。

それに対し仮想通貨は、「中央銀行」のような公的機関が発行しているわけでも、管理をしているわけでもありませんし、常に価格は変動しています。

じゃあ、仮想通貨は誰が管理しているのか。それは特定の個人でも機関でもなく、ネットワークであり、みんなが管理者なのです。

「どういうことやねん!!!」

そうなるのも分かります。

簡単に言うと、全ての取引がデータ上の台帳に記録されているためお互いがお互いを監視している状態です。

詳しくはこちらから。

結論:仮想通貨は電子上の「お金に似た」ようなもの。

仮想通貨はデータ上の通貨で、実際のお金と似たような性質を持ってはいますが、正確には異なる「お金のようなもの」です。

これからは現金が使われることが少なくなる「キャッシュレス社会」になっていくにつれ、今後仮想通貨はますます発展していくはずですので、要チェックです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です