「仕事辞めたい」「つまらない」と言いながらも仕事を続ける理由。




あなたは「辞めたい」「仕事つまらない」と愚痴ばかり言ってるのに、だらだら仕事を続けてる人見たことがありますか?

僕はいっぱい見たことがあります。

なんなら僕もそうでした。

会社員時代は「あー、辞めたい辞めたい」「なんで残業代が出ないの?」「絶対辞めてやる」

とか言いながら、なかなか辞められず、「辞めたい」と思ってから二ヶ月くらい経ってから退職しました。

なぜ、「仕事辞めたい」「つまらない」などと思っているのにその職場を辞められないのかについて、僕なりに考えてみました。

仕事「辞めたい」「つまらない」と思う理由

そもそもなんで、仕事を「辞めたい」「つまらない」と思うのかについてなのですが、

まず、「入社前と入社後のギャップ」が挙げられるのではないでしょうか。

僕自身、最初は「地元のために働ける!」「地元じゃ有名だから労働環境も良いに決まってる!」などと、地元で働けることをとても楽しみにしていました。

しかし実際に就職して働きだしてみると、決して表では見ることはない、さまざまな現実を思い知らされました。

まず、「地元のため」と表では公言している企業ですが、くだらない内部での足の引っ張り合や、自分の営業目標を達成するため、商品を必要としないお客さんにも商品を契約させるなど、自分の会社のことしか考えていませんでした。

田舎の企業なので、経営体制も古臭いというか。。

労働環境も最悪でした。

研修期間中でも毎日のように12時間ほどの労働。先輩は毎日のように13~15時間労働。

残業代も出ませんし、給料も手取りで10万ほど。

なにより、上が平社員のことを舐めすぎてましたね。

いろいろと「入社前と入社後のギャップ」を感じてから僕は「辞めたい」と思うようになりました。

実際働いてみないと分からないということもありますから、そこは「我慢する」という人もいることでしょうが、僕は無理でしたね。

だって、給料が低すぎるし、金融機関なのに1年の間で不祥事件が2回起きていて将来性も見出せませんでしたし。

僕もそうでしたが、「仕事辞めたい」「つまらない」と思っている理由は「ギャップ」のせいもあるのではないでしょうかね。

「自分のやりたいことではなかった」とか。

仕事「辞めたい」「つまらない」と思っているのに辞められない理由

これは、「きついけど頑張っている自分」に酔っているのだと思います。

僕も当時はそうでしたから。

あとは、「辞めたらお金が無くなってしまう」ことへの恐怖感。

会社に「辞める」と言って、その間に次の職場や当てが見つかれば大丈夫でしょうが、そうもいきませんからね。。

僕はこの「自己陶酔」と「恐怖感」から自分の好きなことや本当にやりたいことに挑戦することができずにいました

同じように「辞めたいのになかなか辞めない人」はこの二つが主な理由だと思います。

仕事「辞めたい」「つまらない」と思って実際に辞めるためには?

一番は辞めた後の当てを見つけることです。

「勢いで辞めて成功した」という人もいることはいますが、まずは、しっかり土台を作ってから辞めるべきです。

たとえば、副業で「10万円ほど稼いでから辞める」など。

あとは転職することも一つの手です。

今の職場を辞めたいと思うのであれば、早めに次の当てを見つけることです。

行動せずただダラダラ今の職場で働いていてはもったいないですよ!

本当にあなたのためになる仕事をしてもっと人生を豊かにしていきましょう。

おかしな世の中。

2017.08.27




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です